キャバクラの勤務時間はどれくらい?

キャバクラの仕事というとやはり夜のイメージがありますが、大阪のキャバクラの勤務時間はさまざまです。
朝の場合や夜の場合、それぞれの勤務時間や稼げる度合いなどを調べてみました。

キャバクラの勤務時間は短時間でもOK!

普通のアルバイトだと1回の勤務が数時間と長いのが当たり前ですが、大阪のキャバクラは勤務時間が2時間からというお店も多いです。
キャバクラの仕事は高時給なので、たった2時間の仕事でもそれなりの収入が期待できます。

大阪のキャバクラは時給2000円以上のお店が多く、2時間働けばそれだけで4000円です。
普通のアルバイトに比べて時給が高い上、高級店勤務や人気キャバクラ嬢になれば時給5000円以上もらえる店もあり、短時間の勤務でも効率よく稼げるのは嬉しいですね。

しかも夜の場合の勤務なら大阪のキャバクラは売上や指名によるバックもあるため、実際働いた時間以上に稼ぐことができます。

夜の場合の勤務時間は終電が目安

夜の場合のキャバクラ営業は夜キャバと言いますが、夜キャバの場合は午後8時以降に開店し、深夜0時や1時頃まで営業しているお店が多いです。
終電で帰れる勤務条件のお店も多いので、ダブルワークでキャバクラ嬢をしている方も安心です。

夜キャバの求人には「ラストまで」と書いてある場合が多いですが、終わりの時間が何時なのか、面接の際にしっかり確認しておくといいでしょう。

ただし、キャバクラ嬢の場合は同伴やアフターというシステムがあるため、お店での勤務前後にお客様とご飯を食べに行ったりすることがあります。
こうした店外業務の時間も含めると、夜の場合は働く時間も長くなりがちです。
夜キャバで働くキャバクラ嬢の中でも、特に稼ぎたいという方は、営業時間の長いお店がおすすめです。

朝の場合は規則正しい生活がメリット

夜に営業しているキャバクラに対し、朝の営業をしているキャバクラを朝キャバといいます。
同様に、昼間営業しているキャバクラを昼キャバといいますが、大阪のキャバクラには朝キャバや昼キャバも多いです。

朝の場合は、早朝5時頃から勤務が始まり、お昼には営業終了します。
朝の場合は早起きするのが苦手という方もいますが、一般の仕事と同じように規則正しい生活ができるのが大きなメリットです。

夜キャバに比べて時給は低い場合が多いですが、それでも一般の仕事に比べれば高時給なので、夜に働くのが難しいという方でも、朝キャバや昼キャバはおすすめです。